11/15(日)将棋交流会in宇都宮オリオンスクエア レポート

11月15日(日)に宇都宮市にありますオリオンスクエアにて
将棋イベントが開催されました☆

まず11時からは北尾まどか先生による「どうぶつしょうぎ教室」が
行われ、はじめてルールを覚えたお友だちもみんなで楽しく
対戦しました。

 

12時からは本将棋に変わり、「将棋入門講座」と自由対局が
行われました。
雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気でしたが、徐々に参加者の
数が増え、会場は子どもだけでなく、将棋好きの大人たちも集まって、
賑やかな雰囲気となりました。

 

ご来場いただきましたみなさま、ボランティアスタッフのみなさま、
どうもありがとうございました。

11/2(月)第4回「将棋対局〜女流棋士の知と美〜」レポート

11/2(月)に新宿の紀伊國屋サザンシアターにて
第4回
「将棋対局〜女流棋士の知と美〜」が開催されました。

今回は「山田久美女流四段vs山口恵梨子女流初段」の特選対局をメインに、
記録係の塚田恵梨花女流2級とカロリーナ・ステチェンスカ女流3級による
早指し対局も行われました。

解説には深浦康市九段、聞き手に藤田綾女流初段をお迎えし、おなじみの
トークショーもあり、今回も盛りだくさんの内容となりました。



主催者、出演者による開会のご挨拶。

 
まずは、今回初の試みとなる早指し対局。
塚田恵梨花女流2級 対 カロリーナ・ステチェンスカ女流3級の対局は
98手までで塚田女流2級の勝ちとなりました。


続いて、山田久美女流四段と山口恵梨子女流初段をお呼びしてトークショー。
司会は前回に引き続き戸塚貴久子アナウンサーです。
懐かしい写真をみながら女流棋士になった頃のお話などをお伺いしました。

 
そしてメインの特選対局。
局面はプロジェクターで映し、深浦康市九段と藤田綾女流初段の解説で進行。
山田女流四段 対 山口女流初段の対局は、熱戦を制し148手で
山口女流初段の勝ちとなりました。


両対局ともに熱戦となり終了時間が遅くなってしまいましたが、美しい和装に
身を包んだ女流棋士の真剣な対局の姿を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

ステージイベント前後のポラロイド撮影会、サイン会も、今回も盛況となりました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!
当日の様子はFaceboookページに写真をアップしていますので、
そちらもご覧ください。

「将棋対局〜女流棋士の知と美〜」は”舞台を観るように将棋を観る”イベント
として、今後も開催していく予定です。
開催情報はTwitter(@shogi_taikyoku)、Facebookページで発信して
いきますので、ぜひチェックしてくださいね!

11/7(土)こども将棋イベントin静岡 レポート

11/7に静岡市の浮月楼で開催されましたこども将棋イベントの
レポートをお届けします。
(リコー杯女流王座戦第2局イベント内で開催)

,匹Δ屬弔靴腓Δ入門講座
北尾まどか先生による入門講座。
大人の方も参加してくれました。


△匹Δ屬弔靴腓Δ大会
幼児から小学生までの22名のお子さんが参加してくれました。
年齢に関係なく、たくさんのお友だちと対戦しました。


幼稚園生のお友だちも見事入賞!!
北尾先生から賞状と賞品が贈られました。


1位 山本悠太さん  3年生
2位 吉永創さん   幼稚園
    江尻幸志朗さん 幼稚園
3位 盍簓太郎さん 3年生 


こども将棋道場
13名のお子さんが参加してくれました。
みんな真剣な表情です。


勝敗によりポイントが加算され、最後は貯まった
ポイントで景品と交換♪
いろんなお友だちと指せる数少ない機会、
みんな楽しんで指していました。


参加してくださったみなさま、お手伝いいただいたボランティア
スタッフのみなさま、どうもありがとうございました。
これを機に静岡で将棋がもっと広がるといいですね!

7/20どうぶつしょうぎフェスティバル3日目 レポート

3日目20日のスタジオ会場にて行われた「ねこまど杯こども将棋大会」のレポートをお届けいたします。


未就学・低学年クラス64名、高学年クラス64名の計128名で募集したこの大会。
募集人数に対し約2倍の方々からご応募をいただきました!
開会式
当日は初心者から有段者までたくさんのお子さんたちが集まってくれました。
午前は各クラス予選、午後は各クラス本戦トーナメントと交流戦を行いました。
 

森内俊之九段
大会審判長は、森内俊之九段。


3歳のお子さんから6年生まで将棋が大好きな子たちが参加してくれました。
振り駒から終局まで皆とても礼儀正しく指していました。
 
大会風景
予選は2局勝ったら予選通過、2敗したら交流戦という方式。
予選から白熱し、対局時計を使用する本格的な対局もありました!
 
本戦は予選を勝ち抜いた各クラス32名がトーナメント方式で行いました。

低学年決勝戦   低学年決勝戦
決勝戦はステージで対戦!
未就学児・低学年決勝は須藤志大君と森章瑛君。
139手の大熱戦となりました!
 
高学年決勝戦 高学年決勝戦
高学年決勝は伊藤慧君と小窪碧君。
とてもハイレベルな対局に皆さん森内九段と北尾まどか女流二段の解説会に見入っていました。

見事入賞した皆さんは表彰式では誇らしげな表情☆
おつかれさまでした!
賞品は森内先生の扇子や色紙と将棋大会ならでは☆
これを励みにますます将棋を好きになってもらいたいですね♪

 低学年入賞者 高学年入賞者 
  
未就学児・低学年クラス 優勝  須藤 志大君(3年生)
            準優勝 森 章瑛君(3年生)
            入賞  秋山 康秀君(3年生)
                竹泉 智也君(3年生)

高学年クラス      優勝  小窪 碧君(4年生)
            準優勝 伊藤 慧君(6年生)
            入賞  長谷川 泰良君(6年生)
                摺澤 隼君(5年生)
賞品

最後はお楽しみ抽選会!
スポンサー様からたくさんのご提供をいただき、当たりはなんと80本以上!
参加者全員に当たりました☆
 
たくさんのご来場ありがとうございました!!
 

7/19どうぶつしょうぎフェスティバル2日目 レポート

「どうぶつしょうぎフェスティバル」2日目は「サイエンスデー」。

〜将棋をもっと楽しく親しみやすく世界へ〜を理念に将棋の普及を
行っている「ねこまど」と〜身近なふしぎを興味に変える〜を
スローガンに出前実験教室を行っている「リバネス」がタッグを組み、
どうぶつしょうぎを通じて「将棋」と「サイエンス」の可能性について
お伝えしました。

☆どうぶつしょうぎ×脳科学(講演)
どうぶつしょうぎの生みの親・北尾まどか女流二段、リバネス代表の
丸幸弘さん、どうぶつしょうぎアプリのAI開発者である電気通信大学の
伊藤毅志先生による講演です。


将棋も研究も、「こうなりたい」「こうなったらいいな」というゴールがあって、
そこを目指してプロセスを考える、というところは同じという話から
幅広いお話をしてくださいました。

☆どうぶつしょうぎ×最先端テクノロジー(実演)
まず最初にメルティンMMIの粕谷昌宏さんによる「筋電義手」を使って
どうぶつしょうぎを指す実演を行いました。
筋電義手とは、人間が筋肉を動かす時に流れる電気信号「筋電」を読み取ることで、
自分の手の動きに合わせて動かすことができるロボットハンドです。
今日は北尾まどか先生とどうぶつしょうぎを対戦!

せっかくなので子どもたちにステージに上がってもらい、
近くで見てもらいました。


ちゃんと駒をつかんで、対戦できました!
ひよこもちゃんとにわとりに成ることができましたよ☆
どこに動かしたらいいかな…?
まわりのお友達が手伝ってくれて、ロボットハンドで北尾先生の
ライオンをキャッチ!

続いてはコミュニケーション支援ロボット「OriHime」を利用し、
海外のお友だちとどうぶつしょうぎの対戦をするという実演を行いました。
まずオリィ研究所の吉藤健太郎さんから「OriHime」の説明があったあと、
今日会場でお手伝いをしてくれる2人のお友達を紹介。
会場のお友だちと海外のお友だちとでチームを組み、どうぶつしょうぎの
チーム戦を行います。
「OriHime」はアメリカの男の子とシンガポールの女の子、それぞれと
インターネット回線を通してつなげています。

「キリンを動かそうと思うんですけど、いいですか?」
相談しながら会場のお友だちが盤の駒を動かします。
遠く離れたお友達とも、近くで一緒に遊んでいる感覚です。


講演終了後には実際に体験!
大人気で、子どもたちの興味津津で楽しそうな顔が印象的でした。

 

☆どうぶつしょうぎから学ぶ算数(講演)
奈良女子大学の小林毅先生、篠田正人先生による講演です。
どうぶつしょうぎデザイナーの藤田麻衣子先生も飛び入り参加してくれました。



「どうぶつしょうぎも将棋も、何万通りもある手の中から一番いいと思う手を選んで
指しています。はじめたばかりだと何を指したらいいかわからないのは当たり前!」
と、力強い言葉。

最後には「サイエンスオープンラボ」でどうぶつしょうぎをテーマに採用した
奈良女子大学の生徒さんが、なぜどうぶつしょうぎを採用したのか、どういうところを工夫して楽しさを伝えたのか、などを緊張しながらお話ししてくれました。

今日一日、たくさんの先生たちのお話を聞いて、「考える」ことって楽しいな、
と思ってもらえたら嬉しいです。
たくさんのご来場、ありがとうございました!!

7/18どうぶつしょうぎフェスティバル1日目 レポート

「この夏、考える楽しさを発見するワクワクの3日間」と題しまして、
7/18〜20にパナソニックセンター東京にて どうぶつしょうぎフェスティバル」が
開催されました。
どうぶつしょうぎ大会や将棋大会をはじめ、オリジナルどうぶつしょうぎ作りなど
盛りだくさんの内容で、3日間を通してたくさんのご家族が遊びに来てくれました。
暑いなかご来場いただきましたみなさま、どうもありがとうございました☆

18日のスタジオ会場にて行われた「夏休み!こどもどうぶつしょうぎ大会」、
「全国どうぶつしょうぎジュニア選手権Final」のレポートをお届けいたします。

☆夏休み!こどもどうぶつしょうぎ大会
定員96名で募集したこの大会。あっという間に定員達し、
当日はやる気充分のお子さんたちが集まってくれました。
午前はクラス分け予選、午後は本戦トーナメントを行いました。
 


大会審判長をつとめるのは、もちろんどうぶつしょうぎ作者の
北尾まどか先生です☆


当日集まった参加者のほとんどは低学年のお子さん。
でもみんなしっかりルールを理解していて、礼儀正しく指していました。
 

予選は時間内にたくさんのお友だちと対戦して、ポイントを集めます。
勝つとライオンシール3点、負けてもひよこシール1点が対戦カードに
貼ってもらえます。
みんな早く次の対戦がしたくて、シール貼りに行列ができる場面も!
 

本戦は予選の結果をもとにライオン・ぞう・ひよこの3つのグループに
分けられ、各グループでトーナメント戦を行いました。
決勝戦はステージで対戦!
ライオングループの決着が白熱しなかなか決着つかず、急きょ盤面を
スクリーンに映し、北尾先生が大盤解説を行いました。
 

真剣勝負を終えた後の表彰式ではみんなほっとした表情。
おつかれさまでした!
賞品は自転車をはじめ、お菓子の詰め合わせなど豪華な内容☆
 
ライオングループ優勝 松村亮汰さん/4年生
ぞうグループ優勝   北碧恵さん/4年生
ひよこグループ優勝  道具理美さん/1年生

☆オンライン「全国どうぶつしょうぎジュニア選手権」Final
HEROZが運営するオンラインアプリ「どうぶつしょうぎウォーズ」にて
行われた予選を勝ち抜いたファイナリスト4名が会場に集結!
決勝大会を行いました。

4名のうち3名はうぶつしょうぎ大会にも参加してくれていました。
対戦前のインタビューではみなさん意気込みを語ってくれました。


機材の準備中に急きょ、北尾先生とHEROZの林社長が大盤で対戦することに。
解説は飛び入りで遠山雄亮五段!


準決勝は3番勝負。持ち時間2分のスピード勝負!
気迫が感じられるほどの真剣な表情です。



決勝戦はまたもやどうぶつしょうぎ大会のライオングループで
熱い決勝戦を見せてくれた2人でした!
先手後手交代で先に2連勝したほうが勝ち。
両者1歩も譲らず、勝負がついたのは4戦目。
小山くんがはなった一手が会場をどよめかし、ほどなくして決着。
どうぶつしょうぎ大会のリベンジを果たしました!


どの対局も大人も驚くほどのレベルの高い内容で、
会場からは感嘆の声が上がっていました。
すばらしい戦いを見せてくれた4名。最後はやはりほっとした表情。
おつかれさまでした!

優勝 小山明洋さん/5年生 準優勝 松村亮汰さん/4年生

最後はお楽しみ抽選会!
スポンサー様からたくさんのご提供をいただき、当たりはなんと70本!
参加者全員に当たりました☆
 

たくさんのご来場ありがとうございました!!
 

第三回シモキタどうぶつしょうぎ名人戦開催レポート

5/6(水・祝)に下北沢で「シモキタ将棋名人戦」が行われました。
GW最終日、お天気にも恵まれ暑い日差しの中、負けないくらい熱い戦いが
街の各所で繰り広げられました。

イベント自体は四回目、そして「どうぶつしょうぎ名人戦」は第三回目を
迎えることができました!

今回はJ:COMでもイベントについて放送され、どうぶつしょうぎの原作者である
北尾まどか先生がどうぶつしょうぎについてお話しました。
これをみて遊びに来てくれた人もいるのでは?


大会には早くからたくさんの人が来てくれ、25名近くの参加がありました!


シモキタどうぶつしょうぎ名人戦は大人も子ども一緒に真剣に
対戦できるのが面白いところです。
1位と2位は1点差という接戦。
今年のシモキタどうぶつしょうぎ名人は小学生の男の子でした。

約1時間半、皆さん暑さに負けず、たくさん対戦してくれました。
ありがとうございました!

将棋のほか、囲碁やオセロ、バックギャモンなどのアナログゲームを加え、
来年はさらにパワーアップするとのこと。
来年もぜひご来場お待ちしています!!

3/21 どうぶつしょうぎ教室@ヤマダ電機LABI1高崎 レポート

3/21にヤマダ電機LABI1高崎にて開催しました
「どうぶつしょうぎ教室」の様子をレポートいたします。

群馬県での「どうぶつしょうぎ教室」の開催は初めて。
全く初めてという子から将棋を指せる子までたくさんの子どもたちが
遊びに来てくれました。

150321ヤマダ電機高崎2
北尾まどか先生によるルール説明

なかには高校生の姿も。
年齢や性別を超えて一緒に楽しめるのもどうぶつしょうぎの
魅力ですね。

150321ヤマダ電機高崎1
ミニ大会ではみんな真剣そのもの!!
保護者の方々も一喜一憂しながら見守っていました。

ぜひこの教室で覚えたどうぶつしょうぎをご家庭でも
楽しんでもらいたいですね。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました☆

世田谷区 トライ・ザ・将棋 冬の陣 レポート

池尻児童館で行われた「トライ・ザ・将棋"冬の陣"」の様子をレポートします☆

「がやがや館」の3階の交流室にて、
どうぶつしょうぎ&将棋大会を開催いたしました。
この日は38人の子どもたちが参加してくれました!

まずはルール説明です。
早く始めたくてうずうずしている子もちらほら。


将棋大会は先後を振り駒で決めます。
初めての子どもたちには北尾まどか女流二段がやり方を説明していました。


みんな真剣に、熱心に盤に向かっていました。
対戦カードを全て埋めてしまうほどたくさん指した子もいました。
          

大会のあとには、北尾女流二段による将棋講座。
この日将棋は初めて、という子どもたちも積極的に答えてくれました!



最後は表彰式。
名前を呼ばれると、おー!!という歓声が子どもたちから上がっていました。
北尾女流二段から賞品を手渡され、とても嬉しそうでした!

寒さも吹き飛ばす子どもたちの楽しそうな笑い声に、私たちも元気をもらいました。
また「夏の陣」で会いましょう☆

12/14 どうぶつしょうぎ教室@グランツリー武蔵小杉 レポート

12月14日(土)に『グランツリー武蔵小杉』にて「どうぶつしょうぎ教室」を
開催いたしました。(主催:紀伊國屋書店 武蔵小杉店)

グランツリー武蔵小杉は11/22にオープンしたばかりという
こともあり、たくさんのお客さんで賑わっていました。
 
教室は3回行いましたが、毎回すぐに満席になってしまう人気ぶり!!
合計80人の子どもたちが参加してくれました。

 


1回目の講師をつとめるのは原作者の北尾まどか先生。

 


まずはステージの上に集まって、ルールの説明を聞きます。
保護者の方々もどうぶつしょうぎを知らない方が多く、
先生の説明を熱心に聞いていました。




ルールを覚えたらさっそくみんなで練習!!
分からないときは子ども同士で教え合ったり先生に聞いたり、
とても賑やかで楽しい雰囲気でした。




大会では勝っても負けても対局した分だけ、対戦カードにシールを貼って
もらえるので、「ひよこシール(負けた子用シール)いっぱい集めたよ〜♪」
と負けた子も楽しんでいました。
 
教室が終わるころにはみんな仲良しになっていました☆
対局している間に自然にお友達になっているのも将棋の良いところですよね♪

本当にたくさんのご参加ありがとうございました!!!


selected entries

categories

イベント予定

ねこまどshop

無題.jpg
将棋グッズ、好評販売中!!

株式会社ねこまど

株式会社ねこまど

03-6380-4798(平日10時〜18時)
アクセスはこちら

 

 

archives

recent comment

  • とちぎ将棋まつり(3/17-18)イベントレポート!
    kirari
  • 2/5(日)ねこまど将棋カフェ&棋王戦Live!
    チェブ
  • 駒doc.将棋フェスタin台北・メディア情報
    ねこまど 諏訪
  • ねこまど設立2周年☆
    島人S。
  • 2/2(木) ねこまど将棋cafe@大阪のお知らせ
    コバケン
  • 駒doc.将棋フェスタin台北・メディア情報
    タカ
  • 11/26栃木秋祭りにてどうぶつしょうぎ教室開催!
    長さん
  • iモード版どうぶつしょうぎアプリ、本日配信開始(11/7)
    パパパな大将
  • ☆11/5 紀伊國屋徳島店 どうぶつしょうぎ教室開催☆
    パパパな大将
  • 台湾訪問レポート(片上大輔六段)
    かんなづき

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM